• TOP >
  • 乳酸菌記事一覧 >
  • L92乳酸菌の効果効能は?鼻炎・アトピーなどアレルギーに効く?

L92乳酸菌の効果効能は?鼻炎・アトピーなどアレルギーに効く?

私たちの健康と美容を支えてくれる乳酸菌には、さまざまな種類があります。なかでも最近注目を集めているのが、「L92乳酸菌」と呼ばれる乳酸菌です。アトピーや花粉症対策に効果的といわれるこの乳酸菌には、どのような働きがあるのでしょうか?

こちらではL92乳酸菌の特徴や優れた効果・効能について、詳しくご紹介していきます。

カルピス社独自の乳酸菌「L92乳酸菌」とは?

「L92乳酸菌」とは、正式には「ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株」と呼ばれる、大手飲料メーカーのカルピスが保有する乳酸菌です。

カルピスといえば、子供が大好きな乳酸菌飲料で有名なメーカーですが、長年の乳酸菌研究の中で見つかったのが、このL92乳酸菌。

L92乳酸菌は免疫細胞のバランスを整える効果が高く、アトピーや花粉症などのアレルギー症状を緩和・改善し、インフルエンザを予防するなど、さまざまな効果があることが科学的に認められています。

乳酸菌飲料や健康食品のメーカーは、競ってさまざまな環境下から乳酸菌を探していますが、L92乳酸菌は私たち人間の腸内で見つかりました。ヒト由来の、細長い形の乳酸菌ですが、もともと人間のお腹にいた乳酸菌だからこそ私たちの体と相性が良く、腸内環境を改善し免疫力を向上させるといった、乳酸菌ならではの効果も高いといわれています。

L92乳酸菌が摂れる商品

L92乳酸菌商品には、サプリと飲み物があります。ヨーグルトは販売されていません。

L92乳酸菌を摂れるのは、通販限定のアレルゲンフリーサプリ「アレルケア」、またはスーパーやコンビニでも購入できる「守る働く乳酸菌」という乳性飲料です。
アレルケアにはドリンクタイプもありますが、価格がサプリの倍以上になり、アレルゲンフリーではなくなります。

L92乳酸菌が摂れる商品をサプリとドリンクで比較してまとめたのが下記の表です。

【L92乳酸菌商品】

商品名
アレルケア 守る働く乳酸菌
種類
サプリ 乳性飲料
価格 3,360円
(約60日分、60粒入り×2個)

3,290円
(amazonで100ml×30本)

1日分
約56円~ 約110円
カロリー 2.64kcal(2粒) 60kcal(100ml)
アレルギー アレルゲンフリー 乳、大豆

【通販限定】1日約56円 L92乳酸菌サプリの口コミはこちら

効果1.L92乳酸菌のアトピー性皮膚炎への効果

アトピー性皮膚炎は、かゆみや湿疹などの皮膚症状がひどくなったり、良くなったりを繰り返す、厄介な疾患です。小さな赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢で発症し、なかなか完治が難しいのですが、L92乳酸菌を使った商品を摂取した人の「アトピー性皮膚炎が良くなった」という口コミ情報は多く見られます。

アトピー性皮膚炎が起きる原因は?

残念ながら、アトピー性皮膚炎の発症メカニズムは、医学的にまだ詳しくは解明されていません。ですが、この皮膚炎に苦しむ患者の多くは本人、もしくは家族には喘息やアレルギー性鼻炎などのアレルギー性の病気の既往歴があり、アレルギーの発症に関係するIgE抗体と呼ばれる免疫物質を作りやすい、アレルギー体質であることがわかっています。

アトピー性皮膚炎の症状はホコリやダニなどのアレルゲンとの接触だけでなく、食べ物や皮膚の乾燥、ストレスなどのさまざまな要因も影響を与えています。皮膚を清潔にするだけでなく、体全体の健康を維持することも、アトピー性皮膚炎の改善のためには重要なポイントです。

アトピー性皮膚炎を改善する

アトピー性皮膚炎のようなアレルギーの発症には、次のような免疫細胞の働きが関係しています。

  • Th1細胞:ウイルスや細菌などの感染に対処する
  • Th2細胞:花粉やダニ、ホコリなどのアレルゲンの侵入に対処する

私たちの体にウイルスやアレルゲンなどの異物が侵入すると、血中の白血球に含まれるリンパ球の一種であるヘルパーT細胞がTh1細胞、もしくはTh2細胞に変化して、異物を排除しようと働きかけます。

Th1細胞とTh2細胞は本来、お互いにバランスをとりながら体を守ってくれているのですが、最近の研究では、腸内の悪玉菌が増えているとこのバランスが崩れてしまうことがわかっています。現代人はTh2細胞が優位になってIgE抗体が増えることで、アレルギー体質になりやすいのですが、L92乳酸菌にはこのTh1細胞とTh2細胞のバランスを整える作用があり、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和して、体質を改善する効果が認められています。

カルピスが医療機関と協力して行われた臨床実験では、L92乳酸菌を摂取すると幅広い年代のアトピー性皮膚炎の症状を緩和することができることや、L92乳酸菌の摂取を継続すれば、症状を抑え込むことができるということが分かったのです。

効果2.L92乳酸菌のアレルギー性鼻炎への効果

風邪をひいているわけではないのに鼻水が出る、ちょっとホコリっぽいと感じると鼻がグズグズするといったアレルギー性鼻炎に悩む人も多いですね。厚生労働省の行った調査では、日本人の約4割はこの症状で悩んでいることがわかっていて、まさにアレルギー性鼻炎は「国民病」ともいえるのですが、L92乳酸菌はこのアレルギー性鼻炎の症状に対しても効果的です。

アレルギー性鼻炎の原因は?

アレルギー性鼻炎には季節性のものと通年性のものがありますが、一年中を通して症状がでる通年性アレルギー性鼻炎の原因には、次のようなものがあります。

  • ダニやその死骸・フン
  • カビ
  • ペットの毛やフケ、垢
  • ホコリ・ハウスダスト

男性や子供に多い通年性のアレルギー性鼻炎は、こういったアレルゲンが呼吸によって鼻粘膜から体に侵入したことで起きる、アレルギー反応です。症状を引きおこすアレルゲンを生活の場から除去したり、マスクなどを使って侵入を防いだりすれば症状がでることを予防できますが、身体が過剰なアレルギー反応を起こさないように体質を改善していく必要があります。

アレルギー性鼻炎の症状を緩和する

アレルギー性鼻炎のつらいところは、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの煩わしい症状がひっきりなしに続くことにありますが、これはTh2細胞がアレルゲンを排除するためにIgE抗体を作り過ぎたことが原因で引き起こされています。

IgE抗体は鼻などの粘液に多く分泌されるため、鼻の症状は重篤化しやすいのですが、L92乳酸菌はTh2細胞の働きを抑え、IgE抗体の生産をストップさせる効果があることがわかっています。実際にアレルギー性鼻炎の人を使った臨床実験でも、L92乳酸菌を8週間継続して摂取した場合は、アレルギーのつらい症状が緩和したことが立証されているのです。

効果3.L92乳酸菌の花粉症への効果

春や秋などの花粉が飛び交う時期に発症する季節性のアレルギー性鼻炎=花粉症は、年々患者数が増加傾向にあります。一度発症してしまうとなかなか治りにくく、毎年つらい思いをしなくてはいけない花粉症に対しても、L92乳酸菌が威力を発揮してくれます。

花粉症の原因は?

花粉症の原因は、次のような植物の花粉です。

  • スギ
  • ヒノキ
  • シラカンバ
  • ハンノキ
  • ケヤキ
  • コナラ
  • ブナ
  • オオバヤシャブシ
  • カモガヤなどのイネ科の植物
  • ブタクサやヨモギなどのキク科の植物

スギやヒノキなどの樹木の花粉は春に飛散するため、春に花粉症に苦しむ人が多いのですが、イネ科の場合は初夏に、キク科の場合は秋口に飛散して、秋の花粉症を引き起こします。一口に花粉症といってもアレルギー反応を起こす原因は個人差が大きく、春も夏も花粉症に悩む人もいれば、スギだけにしか症状が出ない人もいます。

花粉症患者は男性よりも女性に多いのですが、鼻水やクシャミだけでなく、目のかゆみや充血などの症状もあわせて出やすく、症状が長引くといった特徴があります。

花粉症の症状を緩和・体質を改善する

花粉症はわずかに花粉に接触しただけで急激に鼻や目の症状を引き起こすので、マスクやメガネで予防するか、症状を少しでも抑えるヒスタミン入りの点鼻薬や点眼剤を使って対処するしかありませんでした。ですが、L92乳酸菌にはIgE抗体が作り出されることを抑制する効果がありますので、継続して摂取すれば、花粉症のつらい症状を抑え込むことができます。

L92乳酸菌は花粉症の症状を緩和するだけでなく、症状が起きることを予防するのにも効果的です。臨床実験からは、花粉飛散時期の8週間前からL92乳酸菌を継続して摂取しておくと、実際に花粉にさらされても鼻や目の症状が軽く済むという結果が出ています。L92乳酸菌のTh1細胞とTh2細胞のバランスを整える作用は、花粉症を起こしやすい体質をも改善してくれるのです。

効果4.L92乳酸菌のインフルエンザへの効果

毎年12月から3月の冬にかけて猛威を振るうインフルエンザは感染力が強く、場合によって命を脅かす、危険な感染症です。飛沫感染や接触感染によってあっという間に感染が広がり、短期で集団発生しやすいため、流行期にはマスクや手洗い、事前のワクチン接種で予防するのが不可欠だったのですが、怖いインフルエンザに対しても、L92乳酸菌は力強い味方になってくれます。

インフルエンザの原因は?

インフルエンザの原因は、インフルエンザウイルスです。インフルエンザウイルスには大きく分けてA型、B型、C型の3種類がありますが、毎年流行する型が違うで、ワクチン接種でも完全に予防するのは難しい感染症です。

インフルエンザウイルスは、鼻や喉などの粘膜から体内に侵入します。外界からの異物の侵入を受けやすい鼻や口などの呼吸器は粘膜で異物を吸着し、繊毛運動で体外に排出する防御能力を備え付けていますし、万が一ウイルスが体内に侵入しても、白血球中のNK(ナチュラルキラー)細胞やマクロファージなどの免疫細胞がウイルスをとらえて感染を防ぐはずなのですが、免疫力が低下しているとウイルスの増殖を許してしまいます。

インフルエンザは発症すると高熱や頭痛などの風邪とよく似た症状だけでなく、ひどい筋肉痛や関節痛がおき、重症化すればインフルエンザ脳症などのリスクもあります。免疫力、体力とも弱い子どもや高齢者には、特に注意が必要です。

インフルエンザを予防・症状を緩和する

食べ物を消化する私たちの腸は、鼻や口と同じように外界からの異物にさらされやすい場所です。そのため、腸には多くの免疫細胞が集まり、身体を守っているのですが、乳酸菌は腸内の細菌バランスを整えて腸管免疫系をサポートすることでNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させて、体全体の免疫力を向上させることに貢献します。

その乳酸菌のなかでもL92乳酸菌には、鼻や喉などに多く分布してインフルエンザウイルスを排除しようと働く、IgA抗体の分泌を促進する効果があります。実際に人を対象とした臨床実験でも、L92乳酸菌を継続して摂取しておけば、インフルエンザに感染しても発熱などの症状が軽く済むということが証明されているのです。

L92乳酸菌は体の免疫力を高めてインフルエンザを予防する効果と、体内に侵入してしまったインフルエンザウイルスを排除する2つの効果があり、このWの効果で、L92乳酸菌は私たちの体を怖いインフルエンザから守ってくれます。

効果5.L92乳酸菌の便秘への効果

L92乳酸菌というと、花粉症などの抗アレルギー効果や、インフルエンザを防ぐ効果のほうばかりが注目されがちですが、乳酸菌本来の効能である、腸内環境の改善効果も高いことがわかっています。つらい便秘をスムーズに改善する、L92乳酸菌の効果が高い理由について解説していきましょう。

便秘の原因は?

便秘とは、腸の働きが悪かったり、水分が不足して便が硬くなったりして、本来排出されるべき老廃物が体外に排出されない症状をいいます。便秘を引き起こす腸の働きを乱す原因には、食生活の乱れや生活リズムの乱れ、疲労やストレス、生活習慣など、さまざまな要因が影響を与えていて、なかなか思うように改善できない人も多いものです。

便秘になるとお腹の痛みや張り、不快感などがあって苦しいだけでなく、腸内で老廃物の腐敗が進行することで有害なガスが排出され、肌荒れを引き起こしてしまうなど、さまざまな悪影響が出ます。市販薬を使って溜ってしまった便を排出することもできますが、腸の働きを活性化させて、便秘にならない体作りをすることが大切です。

便秘を改善・解消する

L92乳酸菌を始めとする乳酸菌は、私たちの腸内では善玉菌として働く微生物です。そのため、ヨーグルトなどの乳酸菌が豊富な食材を摂ると腸内の善玉菌が増え、腸の動きが活性して便秘を改善・解消する効果があります。

とはいえ、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌は口から摂取しても胃酸で死滅してしまい、生きて腸に届くことはありません。死滅してしまっても腸内の善玉菌の餌となり、善玉菌を増やして腸内の細菌バランスを整えることで、腸の働きを活性化してくれるのです。

ところが、L92乳酸菌は私たちの腸内で見つかった、胃酸に強い乳酸菌で、L92乳酸菌は生きて腸にしっかり届きます。L92乳酸菌を摂取すると腸内で働く善玉菌がダイレクトに増えるので、腸の働きを活性化させて便秘を解消する効果も高いといえるのです。

【通販限定】1日約56円 L92乳酸菌サプリの口コミはこちら