乳アレルギーでも乳酸菌を摂取して大丈夫?

乳酸菌が豊富なヨーグルトなどの乳製品は、お腹の調子を整えてくれる、健康に良い食べ物です。しかし乳アレルギーの方は、ヨーグルトから乳酸菌を摂取することはできません。

乳製品アレルギーがあっても乳酸菌サプリなどから乳酸菌を摂れるのでしょうか?

乳酸菌と牛乳アレルギーの関係や、乳アレルギーがある人の安全な乳酸菌摂取のポイントなどについて解説していきましょう。

「乳アレルギー」とは

どんなに栄養価の高い食べ物でも、本人の体質によっては、アレルギーを引き起こしてしまう食べ物がありますが、牛のお乳である牛乳もその代表的な食べ物です。牛乳アレルギーを持つ人は、鶏卵の次に多いといわれています。

乳アレルギーが起きる原因

牛乳アレルギーや乳製品アレルギーが起きる原因は、牛乳に含まれる「カゼイン」というたんぱく質にあります。牛乳に含まれるたんぱく質の大部分はカゼインが占めているので、スイーツなどにわずかな量の牛乳が使われているだけでも、アレルギーが起きるリスクがあるのです。

アレルギーを引き起こす食べ物の中には、加工することによってアレルギーが起きにくくなるものもあるのですが、残念ながらカゼインは熱に強く、加熱してもほとんど構造が変化しません。カゼインは乳酸菌による発酵でも分解することがないので、牛乳アレルギーのある人はチーズやヨーグルトなどの乳製品も口に入らないように注意をしましょう。

乳酸菌サプリの食物アレルギー成分については、乳酸菌サプリメントと食物アレルギー成分【一覧】をご覧ください。

症状

食物アレルギーの症状や程度は個人差が大きいのですが、牛乳アレルギーや乳製品アレルギーの場合は、次のような症状がみられます。

  • 発疹やかゆみなどの皮膚症状
  • 唇や口、舌などのかゆみや腫れ
  • 激しい腹痛や下痢、吐き気
  • 眼の充血やかゆみ、まぶたの腫れ
  • 咳や息苦しさ、喘鳴や呼吸困難
  • 鼻水やくしゃみ
  • 血圧の低下や頻脈、意識障害などのアナフィラキシーショック

乳酸菌は乳アレルギーでも摂取できます

牛乳アレルギーや乳アレルギーがあっても、健康や美容のために乳酸菌を摂りたいですよね。誤解している人も多いのですが、「乳酸菌」は牛乳アレルギーの人でも、問題なく摂ることができます。

乳酸菌という名称のなかには「乳」という字が含まれるので、牛乳と乳酸菌は同じ仲間と誤解されがちなのですが、この2つは全く別のもの。乳酸菌は牛乳に含まれる乳糖を好んで養分として繁殖している微生物であるだけで、アレルギーを引き起こすカゼインに関与するものではないのです。

乳酸菌自体でアレルギーが起きることは、ありません。
しかし、牛乳アレルギーの人も乳酸菌の摂取はできますが、何から摂取するのか摂取方法に気をつける必要があります。

乳アレルギーでも乳酸菌サプリは飲めるの?

乳アレルギーがある場合には、乳酸菌サプリを使って乳酸菌を摂取するのも良い手です。ですが、サプリに配合されている乳酸菌が動物性乳酸菌の場合は、培養用地にカゼインを含んだ牛乳や乳製品を使っている可能性があります。そういった乳酸菌サプリでは、カゼインの影響でアレルギーが起きるリスクがあるのです。

乳酸菌を使った整腸剤のなかでも「ビオフェルミン」という名称の薬は培養に牛乳由来の成分を使っておらず、乳アレルギーのある人でも投与ができますが、培養段階で乳製品を使った薬剤は使えません。アレルギー体質の人の場合はそれだけ慎重に、乳酸菌食品やサプリメントを選んでいきましょう。

アレルゲンフリーの乳酸菌サプリ ヒト由来のL-92乳酸菌配合

牛乳アレルギーなら植物性乳酸菌もおすすめ

牛乳アレルギーや乳製品アレルギーのある人が安心して摂取できる乳酸菌は、味噌やぬか漬け、キムチや甘酒などの植物性乳酸菌によって作られた発酵食品などです。

乳酸菌にはさまざまな種類があり、大きく分けると牛乳などの動物由来の乳に含まれる乳糖を養分にしている動物性乳酸菌と、野菜などに含まれる糖分を養分にして繁殖する植物性乳酸菌がありますが、植物性乳酸菌はアレルギーを引き起こすカゼインを一切含みません。

植物性乳酸菌は牛乳アレルギーのリスクがないのに、動物性乳酸菌と同様の腸内改善効果が期待できます。植物性乳酸菌は牛乳アレルギーだけでなく、乳糖不耐症の人でも安心なので、牛乳と体の相性が悪い人は無理をせず、植物性乳酸菌を使った発酵食品を積極的に摂って健康を目指しましょう。

植物性乳酸菌商品を選ぶ際の注意点

ただし、植物性乳酸菌が使われているなら、どんなものでも良いというわけではありません。特に注意が必要なのは、乳酸菌飲料です。乳酸菌飲料は乳等省令で「牛乳等を乳酸菌で発酵させたものを加工した飲料」と決められており、植物性乳酸菌を使った商品でも必ず牛乳由来の成分が使われていますので気を付けて下さい。

植物性乳酸菌を使った乳酸菌サプリでも、錠剤としてサプリを固める際の原料や添加物にカゼインを含む牛乳由来の成分を使っている可能性も否定できません。

アレルギーは重症化すると命を脅かすリスクがありますので、牛乳アレルギーや乳アレルギー、乳製品アレルギーがある人はしっかり原材料を確認し、不安があったらかかりつけの医師に成分を確認してもらい、安全に発酵食品から植物性乳酸菌を摂るか、アレルゲンフリーの乳酸菌サプリを選びましょう。

乳アレルギーと乳糖不耐症との違い

私たち日本人の中には、「牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロする…」という人も多いのですが、これは牛乳アレルギーであるとは限りません。もしあなたの症状が次の3つの特徴に当てはまる場合には、牛乳アレルギーではなく、「乳糖不耐症」の可能性が高いといえます。

  • 下痢や腹痛以外のアレルギー症状が全くない
  • 牛乳を飲んだ時だけで、ヨーグルトでは症状がでない
  • 牛乳を飲んでから、決まって2~3時間後に症状がでる

乳糖不耐症と牛乳アレルギーは間違えられやすいのですが、両者は全く違うものです。牛乳アレルギーが体の免疫反応によって起きるものであるのに対して、乳糖不耐症は牛乳に含まれる乳糖が分解できず、消化が悪くなることで引き起こされていて、消化機能のトラブルだけで、アナフィラキシーショックなどのような命にかかわる症状はおきません。

乳糖を分解・吸収するためにはラクターゼと呼ばれる酵素が必要なのですが、私たち日本人はもともとラクターゼの量が少なく、なかには全く酵素を生産できない人もいます。牛乳は駄目でも、ヨーグルトやチーズなら乳酸菌の働きで乳糖が消化しやすく、お腹に負担をかけにくいので、乳糖不耐症の人はこういった乳製品で栄養豊富な牛乳を体に摂り入れていきましょう。