• TOP >
  • 乳酸菌記事一覧 >
  • 乳酸菌で虫歯・歯周病・口臭を予防できる!?乳酸菌歯磨きの方法は?

乳酸菌で虫歯・歯周病・口臭を予防できる!?乳酸菌歯磨きの方法は?

虫歯や歯周病、それに口臭の原因は虫歯菌や歯周病菌によるものです。日頃の口腔ケアは大切ですが、乳酸菌の中には口腔ケアに適しているものもあります。上手に乳酸菌を活用することで、適切な予防が可能になると言われています

そもそも虫歯の原因は?

甘いものを食べると虫歯になる・歯垢によって虫歯になる――。
虫歯の原因と聞くと、恐らくほとんどの方が上のように連想されることでしょう。しかし、ではなぜ甘いものや歯垢で虫歯になるのか?といった、そもそものメカニズムについてはご存知でしょうか?

実は、単に甘いものを食べたからという理由だけで虫歯になるというわけではありません。

虫歯には砂糖などよりも重要となるものが深く関係しています。それが一般的に「虫歯菌」とも呼ばれるミュータンス菌の存在です。口中にミュータンス菌があると、プラークというものが形成されます。このプラークが俗に言う歯垢です。

歯にプラークが付着すると食物を摂取したときにその栄養分を吸収して乳酸を放出します。この酸によって歯が浸食されて虫歯へと進行します。

私たちにも馴染みのある乳酸菌は、腸内にいるというイメージが定着していますが、実際には粘膜や皮膚などあらゆる場所に潜んでおり、当然ながら口内にも潜んでいます。乳酸菌はそれ自体が虫歯を引き起こすことはありませんが、ミュータンス菌と出会ってしまうと一緒になって乳酸を放出してしまい、大量に乳酸がつくられ歯の表面が酸性になりすぎると虫歯の原因となってしまうことがあります。

歯周病はどうして起こるの?

虫歯と並ぶ口腔内トラブルの代表格として知られるのが歯周病です。一昔前までは歯槽膿漏という言葉で知られていました。歯周病は、歯と歯茎の間の歯周ポケットに付着した歯垢や細菌などによって炎症を起こし始め、最終的には歯を支えている骨まで浸食されて歯自体を支えられなくなってしまう症状です。

意外と知られていませんが、私たちの口の中は数百種類の細菌が漂っています。こうした細菌も歯垢を作るのに一役買っており、虫歯と同時に歯周病のリスクも高まるのです。特に歯周病の場合、歯周病を引き起こしてしまう細菌の存在もあると言われています。

いずれにしても、歯と歯茎の間の汚れが溜まってしまうと、細菌も増殖していき、その毒素によって歯周病が進行してしまいます。歯垢が歯石という状態にまでなってしまうと、もはやブラッシングでも除去できない状態になり、悪循環になります。

口臭の原因は虫歯や歯周病とも関係ある?

口腔ケアを怠ってしまうと、口臭という問題も発生します。口臭には様々な原因がありますが、虫歯や歯周病も口臭の主な原因となっています。その他、胃や腸、肝臓や腎臓など内臓の病気でも口臭が発生しますし、蓄膿症などが原因で口臭が酷くなることもあります。もちろん、ニンニクやタバコなどに臭いの強いものを取り込んだ場合も口臭が発生します。

虫歯や歯周病で口臭が発生してしまう場合、原因は歯垢で繁殖する数多くの細菌による影響となります。特に、酷い虫歯ともなると、虫歯によってダメージを受けた神経などからも腐敗臭を発するようになってしまいます。

乳酸菌では虫歯になってしまうことはありません

乳酸菌がミュータンス菌と出会ってしまうと一緒になって乳酸を作ってしまい、それで虫歯となってしまうわけですが、そうしたイメージが先行してしまい、「乳酸菌=虫歯になる」と思い込んでしまっている人も少なくないようです。

しかし、乳酸菌自体が虫歯を作るわけではなく、あくまでもミュータンス菌が関わって来なければ虫歯になることはありません。つまり、しっかりと歯磨きをするなどして口腔ケアをしていれば、乳酸菌をいくら摂取しても虫歯になることはまずないのです。

乳酸菌で虫歯・歯周病・口臭までトータルでケアできます

ここまでは、虫歯と歯周病、それに口臭について述べてきましたが、ここからは実は乳酸菌が口腔内で活躍をしているということについて述べていきます。

乳酸菌といえば腸内における活躍が有名です。腸内には善玉菌や悪玉菌がおり、常に優劣を競っているというのは有名な話です。この、腸内と同様のことが口の中でも行われています。

口腔内には、乳酸菌と虫歯・歯周病・口臭を引き起こす細菌が漂っていますが、これが、腸内でいうところの善玉菌と悪玉菌となります。乳酸菌はミュータンス菌と出会ってしまうと虫歯の原因となる乳酸を発生させてしまいますが、そうでない時は悪玉菌の増殖を抑える役割も担っているのです。

つまり、腸内と同様に悪玉菌が優勢になってしまえば虫歯や歯周病、口臭などが酷くなるリスクも高まり、善玉菌が優勢であれば口腔内の健康も保たれるのです。

近頃話題のヨーグルト歯磨きの方法は?

近年、ヨーグルト歯磨きというのが話題となっています。これは文字通り、ヨーグルトを使って歯磨きをするのです。基本的には通常の歯磨きを行った後にヨーグルトで歯磨きをする流れとなります。

実は、乳酸菌の中には、虫歯菌などに効果のあるタイプがあり、その乳酸菌の含まれたヨーグルトを摂取することで虫歯や歯周病予防に効果的な働きかけを行えるのです。

もちろん、ヨーグルトであれば何でもよいというわけではありません。当然ながら無糖タイプでなければいけませんし、口腔ケアに効果があると言われているタイプの乳酸菌が含まれていなければなりません。

注意点としては、通常の歯磨きのようにすすぐようなことはしないということです。すすいでしまうと、口腔内に留めておくべき乳酸菌を流してしまうことになりますので、すすがないというのがポイントとなります。

ヨーグルト歯磨きのデメリットはないの?

話題となっているヨーグルト歯磨きですが、歯科医の中にはかえって虫歯になる可能性を高めると指摘する人も多いようです。それはヨーグルトの特性に関わることで、ヨーグルトの酸によって歯が溶けてしまうというものです。

いくらヨーグルト歯磨きによる乳酸菌の働きによって口内の悪玉菌の繁殖が抑えられたとしても、酸の影響で歯が溶けてしまっては、この方法が虫歯予防・歯周病予防になると言うことに疑問を持つ方もいることでしょう。
乳酸菌の働きを活かすのであれば、ヨーグルトで歯磨きをするのではなく、乳酸菌入りの歯磨き粉を使用する方法がいいかもしれませんね。

口腔ケアに最適な乳酸菌の種類は?

では、虫歯予防や歯周病予防に効果の高い乳酸菌をいくつかご紹介しましょう。

●LS1

非常に病原性の高いことで知られるジンジバリス菌と呼ばれる虫歯菌(悪玉菌)に対して効果が高いとされています。ある実験では、LS1が一緒に培養したほとんどのジンジバリス菌を消滅させるという結果も報告されています。ジンジバリス菌は歯周病を引き起こす虫歯菌としても知られているので、歯周病予防や改善に期待できます。

【300×250】株式会社湖池屋/乳酸菌LS1

●L8020

虫歯菌や歯周病菌を効果的に減らす効果が認められています。L8020入りヨーグルトを食べたグループと通常のヨーグルトを食べたグループとで2週間に渡る検証を行ったところ、L8020入りのヨーグルトを食べた方は明らかに虫歯菌が減少しており、その減少率は80%という効果の高さを示しました。

これらの乳酸菌は、それ自体が虫歯や歯周病に対して、効果的に働きかけてくれる今注目の乳酸菌となっています。特に、歯周病に悩む日本人が多いというのも現実で、病気の中でも罹患率が最も高いと言われているほどです。

虫歯や歯周病は放置していても治るものではありません。取り返しのつかない事態になる前に、乳酸菌で予防する習慣をつけてみてはいかがでしょうか?